加湿器と空気清浄機がお勧めのインフルエンザの予防グッズ

加湿器空気清浄機 健康

初めまして、私は、35歳の男性でエンジニアをしています。

お勧めのインフルエンザの予防グッズですが、加湿器と空気清浄機はお勧めのインフルエンザ予防グッズになります。

インフルエンザは湿度が低いと活発化する

まず、その理由ですが、インフルエンザは湿度が低いと活発化します。その為加湿器が必要になります。加湿をすることで空気の乾燥を防ぐことができウィルスの活動が鈍くなります。もちろんこの時に暖房器具があればなお風邪をひくことのリスクが減少しますが、まずはウィルスの活動を鈍らせる方が先決であるためあえて暖房器具ではなく、加湿器をお勧めしました。

暖房器具を使用した場合、石油ストーブであれば、エアコンと異なる方式で部屋を暖めますので湿度はあまり下がりません。ですが、エアコンの場合オフィスなどでは湿度が下がり乾燥状態になるため、加湿器は必要です。

空気清浄機で空気中のウイルスを吸い込ませる

次に空気清浄機ですが、これは空気中のウィルスを吸い込ませるために使用します。この時、空気清浄機能を搭載している加湿器ではだめなのかという方がいますが、あまりお勧めできないです。その理由ですが、加湿と空気をきれいにする機能2者を装備した物は空気清浄機能のファンにもカビが生えます。その為、ウィルスを吸い込んでから再度カビをばらまくという悪循環に陥りやすいのです。ですので、2つの器具を使用して感想を抑えたのちに空気をきれいにすることがとても重要です。この時、空気清浄機と加湿器の距離は離れている方が良いです。また、吸い込むタイプではない空気清浄機、例えばプラズマを使用して静電気で空気中のごみを取るものはあまり効果が無いです。というのも、空気を吸い込ませてフィルターにウィルスを張り付かせるタイプの物の方がかなり効率よくインフルエンザのウィルスを除去できます。

コンパクトタイプの空気清浄機でもいい

最近ではコンパクトタイプのUSBから電源を取る卓上タイプの空気清浄機などもありますのでオフィスの場合はそちらを利用するとよいでしょう。その時にフィルター式の物であるかそうではないかを確認するとよいです。そして次に、加湿器についても同様に最近ではUSB電源の加湿器や充電式のバッテリーで駆動するタイプの加湿器などもあり、オフィスで使用しやすいのです。

最後に

こうした商品を取り入れて活用することでオフィス環境でも簡易ですがインフルエンザのウィルスの活動を鈍らせたり、ウィルス自体をフィルターに吸い込ませて除去したりできます。ただ、難点を挙げますと、これらは消耗品になり、フィルターですとか交換部品を消耗しますのできちんと交換しないと効果がなくなることに注意をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました