痛風で足首やかかと付近に痛みが出ました。ロキソニンを頓服用に持っておくと便利です。

私は5年位前から痛風にかかっています。
最初は仕事で無理をしたことが始まりです。
足首とかかとに強い痛みを感じたことから捻挫と思い、整形外科の診察を受けたところ、じん帯や骨には異常はありませんでした。
血液検査を行ったところ尿酸値が異常に高いことが発覚し、痛風であると診断されました。
痛風は通常親指の付け根あたりに痛みが出ることが多いため安心していたのですが、症状は人によって異なり私のように足首やかかと付近に痛みが出る場合もあるようです。
特に私の場合は体重が重いこともあり負担がかかる部位に痛みが出たものと考えられます。
このことを始まりとして定期的に痛風の発作が出現するようになりました。特に仕事で無理をした場合や体に疲れがたまっているときに起こりやすい気がします。
痛風ははっきり言って炎症が強くなってしまっては簡単にその痛みを抑えることは出来ません。
足に加重することが出来なくなるため、歩くことさえつらくなります。ひどいときはトイレに行くことさえも負担になってしまいます。体を使う仕事のため痛みが強い場合には仕事を休む必要がありました。
痛風に対処する方法としては、日常的な疲れをためないことと、痛みを感じたらすぐに痛み止めの薬を服用することです。
痛風はいきなり強い炎症が出るのではなく、前駆症状があります。
そのときに薬を飲んで痛みがひどくならないようにするのが一番いい方法だと思います。
市販で売られているロキソニンを頓服用に持っておくと便利です。

参考記事:フェブリクジェネリック通販

コメント

タイトルとURLをコピーしました