月経困難症の治療薬としてヤーズを飲んでいます

私は月経困難症で定期的に婦人科へ通い、低用量ピルのヤーズを飲むようになりました。

月経が始まった日から1日1錠ずつ、同じ時間に飲むよう指導があったので、言われた通りに飲むようにして、バランスを整えるようにしていました。

月経困難症は、なかなか治るまで時間がかかるので、きちんとヤーズを飲んで生理周期を整えることが大切だと医師からアドバイスがあり、守って続けることにしました。

ヤーズには、黄体ホルモンの「ドロスピレノン」、卵胞ホルモンの「エチニルエストラジオール」2種類の女性ホルモンが配合されているので、生理周期を整えるようになり、次第に快適になります。

女性ホルモンを整えることで月経困難症もだいぶ和らいできたので、ヤーズを飲むようになって生理も憂鬱に感じることなく、快適に過ごせるようになりました。

低用量ピルは最初、抵抗感がありましたが、ヤーズを服用するようになってから毎日の生活がイキイキと過ごせるようになったので、ストレスを感じることなく、快適になったのを実感できるようになりました。

婦人科の医師のアドバイス通り、月経初日からヤーズを1日1錠、決まった時間に飲むようになり、体のサイクルを次第に整えていくのは、とても快適になります。

月経困難症の治療薬としてヤーズはよく使用されるようなので、服用方法をきちんと理解した上で、医師の指導の元に飲み続けることは大切だと分かりました。

個人輸入でもヤーズを購入できますが、やはり医師の指導の元で服用したいと思っていたので、飲んで気持ち悪くなったときなども医師に相談できるので、その辺はきちんとルールを守って薬を服用するようにして、月経困難症の治療薬として飲むことにしました。

参考記事:ヤーズフレックス個人輸入

コメント

タイトルとURLをコピーしました