デパスは作用の優しい抗不安薬

デパスは、抗不安薬と呼ばれる神経に作用するお薬です。

心療内科や整形外科で処方される比較的作用の優しいお薬です。

デパスの作用は、脳の興奮などを抑えたり、痛みを抑えたり、筋弛緩作用があります。

私も日々のストレスから気持ちが落ち着かなくなってしまったり、体に力が入り過ぎて体が痛くなる事があり主治医からデパスを処方された事があります。

最初は、精神安定剤を飲む事にとても抵抗がありましたが、実際に飲んでみるとデパスの作用に驚きました。

デパスを飲んでから30分から1時間程経って、なんとなく体が軽くなるようなフワフワするような感覚になりました。

いつもならばイライラしてしまう事が多い出来事も、まあいいかと流す事が出来る余裕も出来ました。

このデパスですが、不眠で悩んでいる方にも処方されます。

不眠の方に多いのが、眠る事に執着しすぎて体に力が入ってしまう人です。

その力をすっと抜いてくれる事で、すんなりと眠る事ができる作用があるのです。

私も実際に一日2回から3回飲んでいましたので、眠る前に飲みしっかり眠る事が出来ました。

ただ、私はやや薬の作用が強く出やすいタイプのようで、次の日もやや眠いなと作用が持続しているような感覚になりました。

デパスは大変飲みやすいのですが、その万能な作用に依存しすぎてしまう事もあります。

私自身もこのデパスの作用に頼り過ぎてしまった時があるので、きちんと自分の症状を把握し主治医と相談しながら適切な量を飲んでいくことが重要だと思います。

(千葉県 スバルさん)







タイトルとURLをコピーしました