月経時の生活の質が高まるロキソニン

私は痛み止めの薬をよく使っている方だと思います。
20歳前後のころに、月経痛がひどく婦人科で処方されたロキソニンを飲んで以来、痛みにはこれが
かかせないようになりました。
ロキソニンは当時、医師の処方箋がないといただけない薬でした。
無知だったので、痛みを薬でコントロールするなんて怖い、と思っていたのですが、
飲んでみると月経中の痛みによる精神的なイライラや落ち込みもないので助かりました。
婦人科が遠かったので、近所の内科でも聞いてみたところ出していただけました。

実は中学生のころから月経痛には悩まされていたのですが、そのころは近所の薬局でバファリンLという
お薬を買っていました。
しかし、それは効くまでに時間がかかり効いても痛みがすべて取れるわけではないので、気休めでした。
まだ、月経が安定していない時期だったのでつらかったことを覚えています。

あくまでも私の考えですが、ロキソニン以外の市販薬はあまり効かないような気がします。

ロキソニンって風邪をひいたときにも出されるし、副作用が少ないみたいでよく飲まれているそうです。
今はドラッグストアでも気軽に買えるようになったので、非常に便利になりました。

しかし、処方薬でロキソニンのジェネリックがあるようなので、医師にかかるときはそちらでだして
もらったほうが安くつくのかもしれませんね。
年を取るにつれ、頭痛も出てきたので飲む回数は増えました。
私はまだまだこのロキソニンにお世話になる日が続きそうです。

参考記事:トラマドール50㎎が最安値で買える通販(個人輸入)はこちら♪

タイトルとURLをコピーしました