いちご鼻の治し方は優しい洗顔と正しい保湿

いちご鼻、気になりますね。

間違ったいちご鼻の解決法

でも、間違っても鼻の角栓を自分で押し出すことは止めて下さい。いけないとわかっていても、鏡を見るとどうしてもやってしまう方はいませんか?これをすると鼻に穴が開いてしまい、そこから黴菌がはいることもあります。また、角栓を押し出す時に肌を傷つけます。
また、毛穴のパックシートもその粘着力で肌を傷める割に、毛穴の奥の汚れまでは取れません。余計な刺激を与えて毛穴がどんどん開いてしまうので、いちご鼻には使わない方が良いのです。
いちご鼻は根気良く、肌の手入れを行って治していきましょう。

いちご鼻の正しい対処法は優しい洗顔と正しい保湿

いちご鼻をはじめ、お肌のトラブルには優しい洗顔と正しい保湿が一番効果があります。

洗顔は清潔な手で肌に優しい洗顔料をよく泡立て、泡で顔を洗います。鼻だけでなく、Tゾーンやあごといった皮脂が多い部位も優しくくるくるしましょう。手は出来るだけ肌に触らないようにします。
すすぎはぬるま湯で泡を流すようにします。洗顔料をしっかり落とすことは、汚れを肌に残さない為にも大事です。ただし、ここでも手で顔をゴシゴシ触ることはしないようにしましょう。
タオルで拭く時もこするようにはせず、そっと顔にタオルを当てるようにして水分を拭き取って下さい。

保湿について

洗顔の後はすぐ保湿です。
肌を乾燥させると、余計な皮脂が出て肌にとって大敵なので、保湿は出来るだけ早く行って下さい。
化粧水とセラミドで保湿します。化粧水をつける時、コットンを使うと摩擦で肌を傷めてしまうので、手で肌を押さえるようにします。セラミドは肌の潤いをキープするベストアイテムの1つでとても有効です。

美容外科の治療

この他に、頑固ないちご鼻に悩んでいる場合は、美容外科での治療を受ける方法もあります。
美容外科での治療法には、以下のようなものがあります。

・角栓除去
スチーマーで温めながら吸引管を使って角栓の詰まりを除去します。その後毛穴を引き締めます。
・レーザー治療
角栓のサイズを小さくして皮脂の分泌量を減らすことで、いちご鼻を改善します。レーザーによってコラーゲンが再生されるので、美肌効果もあります。
・イオン導入
微弱な電流に高濃度のビタミンCやEといった肌に良い成分を当てることで、皮脂の分泌を抑え、赤みや黒ずみを改善します。

美容外科でのいちご鼻治療は、即効性がメリットです。長くいちご鼻に悩んでいる人、自分では治せない場合は、美容外科で専門家に診てもらうのも選択肢の1つとして良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました