デメランクリームは色素沈着に大きく効果があります。

デメランクリームは、色素沈着に大きく効果があります。
デメランクリームには、色素沈着を改善するために欠かせない要素がたくさんあります。

グリコール酸の効果について

まず、グリコール酸です。グリコール酸は、ピーリング剤の1つとして知られています。フルーツ酸の1つで、肌の新陳代謝を促してくれます。通常、人間の肌というのは定期的に新陳代謝を繰り返しています。そのため、肌は明るくなるのですが、なんらかのトラブルがあった場合には、このサイクルが崩れてしまい、色素沈着が起きるのです。グリコール酸は、新陳代謝を促してくれるだけでなく、肌細胞同士の結合を弱めるため、角質層をバラバラにしてくれます。繰り返し使うことにより、肌の表面は改善されていきます。

コウジ酸とアルブチンの働き

それから、コウジ酸とアルブチンの働きも関係しています。
コウジ酸は、医薬部外品として日焼けによるシミに効果があるとされています。メラニン色素の増加も防いでくれるので、肌を常に明るく保つことができます。また、アルブチンはコケモモに含まれる成分で、メラニンの合成を阻害するため、美白効果をもたらしてくれます。
また、ハイドロキノンは使用していないので、肌が敏感な人にも使用できます。

デメランクリームの使用頻度は

そして、デメランクリームを使う時には、1日1回を目安にしましょう。高い効果があるデメランクリームですが、1日に何度も使うことはあまり良いことではありません。そして、1日1回つける時にも、夜の洗顔後が最適です。

デメランクリームの効果がでるまに

また、1度つけただけで、圧倒的に効果がある訳ではないのです。個人差がありますが、場合によっては数ヵ月かかることもあります。すぐに効果が出ないからといって、簡単に諦めることはありません。
また、色素沈着を改善したい気持ちはわかりますが、口や目の周囲は避けるようにしましょう。更に、色素沈着を起こしていないところにも塗らないように気をつけることも大切です。

デメランクリームの副作用は

また、デメランクリームというのは、副作用が関係する場合もあります。肌につけた後に、肌がヒリヒリすることがあったり、逆に色素沈着かひどくなるというケースもあります。
使用した時に、赤みがある、痒みが出るといった場合には、すぐに使用を中止して皮膚科の医師に相談してみましょう。
色素沈着というのは、肌サイクルと深く関係しています。たとえ、デメランクリームが効果があるとしても、日常生活が不規則だったり、栄養不足だったりすると、再び色素沈着を起こす可能性もあります。
デメランクリームをつけるだけではなく、日常生活にも気を付けましょう。

タイトルとURLをコピーしました