わたしは3年間ほど精神安定剤を服用していました。

病名ははっきりとは分からず…年齢も年齢でしたから教えてもらえなかったというもあります。

人格障害系の何かだったのだと今は思います。

当時、私は色々なことに対する不安と恐怖から、薬を服用することを目的として病院に通い始めました。

服用していた精神安定剤ははデパス、パキシルなどでした。

精神安定剤はどれも副作用が辛く、また依存性も強かったと思います。

特に頓服薬として処方されていたデパスはひどい眠気が襲い、生活が出来なくなるほどでした。

デパスを一粒服用してしまうと、眠くなり横になったが最後、どんな音も聞こえず寝入ってしまうのです。

あとは私は寝つきが悪く、睡眠障害の気もありました。

長時間眠ることはできてもなかなか寝付けず、ベッドに入っても3時間くらいは普通に眠ることが出来ませんでした。

ですので睡眠導入剤も処方してもらっていました。

マイスリーです。

しかし、ほとんどの薬にいえることですがずっと飲み続けると耐性のようなものが体にできてしまって、しばらくすると全く効かなくなってしまうんですよね。

それは薬を服用していて困ったことでもありました。

最初は大体どれも効いてくれるので安心してそれをいただいていると、効かなくなってきてしまうので途方にくれると…。

薬の服用はそんな感じの繰り返しでありました。

服用していても楽にはならなかったかなというのが私の感想です。

(群馬県 大泉町 ryoさん)