わたしは、昔、抗うつ剤を服用していました。

当時はまだ学生。

人間関係などに悩み毎日のように泣いていました。そのうち学校生活自体が厳しくなり先生に勧められて心療内科を受診しました。

「適応障害」と診断されました。

雅子様と同じ病気です。

すぐに服薬を始めましたが一番印象的なのはアモキサンという三環系抗うつ薬。

私には合わず副作用から頭が重たく感じてしまい、まったく上を向けなくなってしまいました。

頭全体が鉛のように重く、一日中下を向いて耐えていました…。

お医者さんに言ってすぐに薬を変更してもらい改善されましたがあの重苦し~い感覚は二度と味わいたくないです。(笑)

他の薬は特にインパクトはなかったのですが、とにかく体重が増えました。うつのお薬で太らないとは言いますが、普通じゃない食欲が出てあっという間に20キロ増。

普通の太り方ではなく(私は「薬太り」と呼んでいたのですが)特にお腹がぽこっと出てくるんです。

また、顔がむくみ、目が半分くらいの大きさになってしまいました。

長期服薬している方は一目でわかるほど猫背・前かがみで歩き、痩せているように見えてもお腹は出ているという方が多かったです。

抗うつ剤ではない精神のお薬を飲んでいる方は逆にほっそりしている人がほとんどでした。

私は環境を整え、きちんと服薬を続けたおかげで幸いにも完治して今は普通の生活を送っています。

体重も服薬を終えたらゆっくりですが元に戻りました。

今でも辛い時はあの頃のことを思い出し「あんなにどん底だったじゃん。今は幸せ。」と自分を奮い立たせて生きています。